FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんぴら狗(いぬ)

江戸の昔、一生に一度はと、人々が熱望した「こんぴら参り」
諸事情によりお参りがかなわぬ時は、その願いを自らの飼い犬に託しました。

飼い主の住所指名や初穂料、えさ代が入った「こんぴら参り」と記した袋を首にかけ
長い長い道のりを心優しい多くの人々の手助けをうけながら、立派に「代参」の務めを
果たしたけなげな犬たちは、いつしか「こんぴら狗」と呼ばれ親しまれたそうです。

ほほえましいエピソードを今に伝える「こんぴら狗」は、金刀比羅宮のマスコット。

きっと あなたの願い事を叶えてくれることでしょう。
どうぞ、可愛がってください。
(文章 こんぴらさんのポスターそのまんま写しています)

いいお話です。
こんぴら狗

コメントの投稿

非公開コメント

建物部屋をどうぞご覧ください
金刀比羅宮
讃岐うどん
食べる
見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。